えべつ共助ネットワーク(Eネット) 
 

新着情報 - Eネット

 RSS
ケアラーズカフェ@北翔大学
パブリックスペース
こう07/11 12:50
7月13日 ケアラーズカフェ
パブリックスペース
こう07/11 12:46
6月26日(日)ケアラーズカフェ
パブリックスペース
こう06/18 04:45
オレンジRUNえべつ!今年もやります!
パブリックスペース
こう06/14 19:32
総会兼研修会
パブリックスペース
こう05/16 12:41

えべつ共助ネットワークについて

えべつ共助ネットワークについて
<えべつ共助ネットワークについて>
2013年4月に設立された有志(江別市における福祉介護の専門職を中心)による専門職・市民ネットワークです。
現在は緊急時の行方不明者捜索の対応を中心に活動しています。
専門職が認知症等を切り口として市民とともに、他の自治体とも連携しながら江別市を創造していきます。

<モットー>

「江別市を中心とした共に助け合う福祉のネットワーク」です。「有志の皆さん」にて「できる範囲内で助け合う」繋がりです。

「できる人が」「できることを」「できる範囲で」をモットーにしています。

福祉や介護業界における助け合いのネットワーク、そして市民と連動した温かいつながりになればと思います。

<趣旨>
  はいかい(火災や災害も含む)に対するご本人やご家族、専門職の心配や不安 
 感について、地域での支え合いにより解消を図る。

  日頃から専門的な知識や対応(はいかい訓練・避難訓練)について学ぶ機会を
 設け、実践的な場での応用力を強化する。


<活動方針>

『自分だけで困らない。みんなに迷惑かけてナンボ。』
 市民の有事(高齢者のはいかい・地震・火災・水害等)が発生した際に、システ
 ム化された連絡体制のもとに迅速かつスムーズな初期活動を実施することがで
 き、有益な協力活動へと繋げる。

『想定外のことを考えておく。』

 行方不明(天災)発生から保護(救助)に関する一連の動きの確認を目的とした 
 訓練や、関連した研修会を定期的に開催し、はいかい時の迅速な対応及び天災時
 の対応について日頃から意識向上を図る。

 

 

 

 

<目的>

1.『認知症を切り口としたまちづくり』
 
 
 認知症の人の理解が深まり、地域全体ひ支える仕組みを作り、認知症になって 
 も、誰もが住み慣れた家や地域で、安心して豊かに暮らし続けることができるま
 ちづくりを推進する。

2.『地感できるまちづくり』
 「地感(その地(域)で生きていることの実感)」を共有し、最期まで人として
 自主的・主体的に生きていくことができるよう、まちに向けて積極的にきっかけ
 づくりや仕掛けづくりを推進する。

●認知症の人と家族を支え、見守る地域の意識 を高め認知症の理解を促進する。
●徘徊高齢者を隣近所、地域ぐるみ、多職種協 働により可能な限り、声かけ、見守  
 りができる実効性の高いしくみを創る。
●認知症になっても安心して暮らせるため 「安心してひとり歩きで きる町」を目指
 す。
●認知症になっても「行きたいところへ行く」等、自分の意思を行動にうつすこと
 でができ自己実現できるための応援者になる。

<事業>
高齢者のひとり歩き(はいかい)、災害などの緊急時対応に備えて日ごろから訓練や研修会を開催しております。

<加入登録者・団体・事業所募集中>
常時、ネットワークに加入登録者を募集しています。
事業所単位、個人単位での加入登録をよろしくお願いします。
市内外問いません。

■えべつ共助ネットワーク 代表 加藤高一郎
■事務局 江別市新栄台12番地の6
       080-4136-4129(携帯電話)
       011-389-5517(FAX)
              ebetsu-kyojo-network@docomo.ne.jp(携帯アドレス)
                         shineikato@brown.plala.or.jp(PCアドレス)
 ※電話・FAX・メールは24時間、365日受付けています。